誕生石&誕生日石一覧|BIRTH STONE NAVI

誕生石一覧

ガーネット

1月の誕生石は「ガーネット」

Garnet
アメシスト

2月の誕生石は「アメシスト」

Amethyst
アクアマリン

3月の誕生石は「アクアマリン」と「ブラッドストーン」

Aquamarine
ダイヤモンド

4月の誕生石は「ダイヤモンド」と「水晶」

Diamond
エメラルド

5月の誕生石は「エメラルド」と「ヒスイ」

Emerald
パール

6月の誕生石は「ムーンストーン」と「パール」

Pearl
ルビー

7月の誕生石は「ルビー」

Ruby
ペリドット

8月の誕生石は「ペリドット」

Peridot
サファイア

9月の誕生石は「サファイア」

Sapphaire
オパール

10月の誕生石は「トルマリン」と「オパール」

Opal
トパーズ

11月の誕生石は「トパーズ」と「シトリン」

Topaz
ターコイズ

12月の誕生石は「ターコイズ」と「ラピスラズリ」

Turquoise

誕生石とは

 誕生石とは、月ごとに定められた宝石(真珠や珊瑚も含む)のことです。

 自分が産まれた月の誕生石を持つことはもちろん、パートナーや恋人が産まれた月の誕生石を持ったり、現時点の月の誕生石を持つといった楽しみ方もできます。

誕生石は誰が決めた?

 実は、誕生石の起源は定かではありません。いくつかの説がありますが、有名な説を挙げるとすれば、①旧約聖書に記されたユダヤ教の高層が身につけていた12種類の宝石が誕生石の起源であるとする説、②新約聖書の「ヨハネ黙示録」にある、エルサレム城壁の土台に飾られていた12種類の宝石が起源であるとする説、③バビロニア帝国で用いられていた星座と星座石に由来するという説等があります。

 現在のように、誕生石を身につける習慣が一般的になったのは、18世紀に入ってからだといわれています。そして、20世紀に入ると、多くのユダヤ人がアメリカに移り住んだことによって、誕生石の習慣がアメリカに広まっていきました。1912年には、アメリカの米国宝石商組合によって、「誕生石」が制定されました。その後、1952年に改定され、現在の誕生石となります。

 もっとも、1932年には、イギリスで独自の誕生石が制定されたと言われています。また、日本においても1958年に独自の誕生石が制定されました。このように、「誕生石」は、地域や宝石商の意向によって、やや錯綜したという背景があります。現在でも、誕生石が複数ある月があります。それは、このような背景に基づくものだと考えられます。

誕生石の楽しみ方

 自分の誕生月の誕生石を身につける方が多いでしょう。ネックレス・ピアス・ブレスレット・リング等、誕生石を使用した様々なアクセサリーが存在しますので、探してみてはいかがでしょうか。

 また、誕生月の宝石が好みでない方や、他の月の宝石の方が好きだという方には、その月の誕生石を身につけるという楽しみ方もおすすめです。1月には、「ガーネット」を、2月になったら「アメシスト」を身につけるという方法です。この方法であれば、運気を高めながら色々な宝石を楽しむことができます。

オススメのアクセサリーショップ

↑ PAGE TOP