12月の誕生石「ターコイズ」と「ラピスラズリ」の特徴・効果は?

「ターコイズ」はどんな石?

ターコイズ

特徴

ターコイズ・ブルーと呼ばれる、鮮やかな青色、あるいはやや緑掛かった青色が特徴的な誕生石です。 産地や状態等により、青から緑まで色味に幅があります。青いものは銅が多く、緑のものは鉄が多いという差があります。

元々は非常に繊細で色あせやすい石ですが、現在は特殊な加工等を行なうことによって色あせしにくくしているものが多いようです。

インディアンジュエリーに頻繁に使われている石でもあり、カジュアルなシーンでも合わせやすい石といえます。

主な産地は、イラン・アメリカ・エジプト・中国・メキシコ・ブラジル・オーストラリアです。特に、イラン産の青みの強いターコイズが良質なものとされています。

なお、「トルコ石」と呼ばれることもありますが、トルコで採取されるわけではありません。「トルコ石」という名前は、イラン産のターコイズがトルコを経由してヨーロッパに運ばれたこと由来すると考えられています。

石言葉

成功と繁栄・健やかな体

「ターコイズ」の効果

元々は「魔除け」として使われてきた石です。したがって、邪悪なものや危険から自身を守るという効果があるといわれています。

また、ストレスを解消し、神経の疲れを癒したり、行動力を高める効果があるともいわれています。

「ターコイズ」を使用したアクセサリー

レディース用アクセサリー

メンズ用アクセサリー

「ラピスラズリ」はどんな石?

ラピスラズリ

特徴

ラピスラズリは、鮮やかな青色の石で、多くのラピスラズリには黄鉄鉱を含んでいることから金色の小さな斑点が見られます。まるで宇宙を感じさせるような色合いです。

ラテン語で「石」を意味する「ラピス(lapis)」と、アラビア語で「青」を意味する「アズル(azul)」が組み合わさって、「ラピスラズリ」となったといわれています。

また、ラピスラズリは、世界で最も古い宝石ともいわれており、ヨーロッパでは中世までこの石が「サファイア」と呼ばれていたとされています。

昔は、装飾品としてだけでなく、絵を描く際の顔料(絵の具)としても利用されていました。現代のように色鮮やかな絵の具がなかった時代においては、ラピスラズリが最も鮮やかなブルーを出せる顔料として重宝されていました。

石言葉

成功の保証

「ラピスラズリ」の効果

自身に降り掛かる邪念・嫉妬・不安等の負の要素を払いのけ、人間関係の調和を図る効果があるといわれています。

また、石言葉の「成功の保証」にもあるように、知恵・洞察力・決断力を高め、大きな成功をもたらすとされています。

「ラピスラズリ」を使用したアクセサリー

レディース用アクセサリー

メンズ用アクセサリー

この見出しはh2タグです

このボックスは、class="box1"と指定すれば出ます。ここに画像を置く場合、PC環境だと幅198pxまで。

この見出しはh2タグです

ここのスペースも使えます。ここに画像を置く場合、PC環境だと幅220pxまで。

↑ PAGE TOP